大同情報技術では、GPS測量に必要な製品・技術・人員を低価格で御提供いたします。不動産登記法の改正により高精度の測量成果が必要な土地家屋調査士様、業務効率や成果品の精度をあげたい方、随時御相談下さい。
基本貸出セット(三体)は5万円からで、解析は3万円から承ります。また、人員の派遣も同時に承ります。
従来の測量業務では、どんなに高精度な測量機器(トータルステーション等)を使用したとしても、誤差累積が必ず生じます。しかしGPS測量は、観測毎に位置の解析を行っているため誤差累積がありません。観測地点で即座に結果を得ることができ、簡単に世界測地系(測地成果2000)の座標を出すことが可能です。
GPS測量観測簿 GPS測量観測手簿
仮定網平均計算簿 観測図
基準点網図 基線ベクトルの環併合差
座標計算簿 実用網平均計算簿
水平位置の標準偏差の計算(新点位置の標準偏差)
成果表 精度管理表
電子基準点間の併合差 平均図
成果品は観測形態によって異なります。