大同情報技術株式会社(以下「当社」といいます。)は、主力事業を測量調査及び情報処理とする企業であり、生産形態は主に人材・技術に頼るところから、エネルギーや有害物質等の排出量に於いて大掛かりな減少の効果は期待できません。
 しかしながら電子機器を多用し、また図面や帳票など紙資源を多く利用することから、廃棄物の処理等、環境への影響を与えている責任を真剣に受け止め、今私たちにできる環境に対する最大限の配慮を行います。
 また、当社の事業は公共事業によるところが多く、社会の変化に対し進取の気概を持って取り組み、社会の発展や地域社会に貢献する責務があると考えます。
 そのため、当社に働く全ての社員が本計画により、地域環境・地球環境に配慮し、環境保全活動推進の一翼を担う意識及び実践力の向上を目指すため、次に示す環境方針を定めます。
当社は、環境に対する法規制等を正しく理解し、遵守のため要求事項を確実に実行します。
1.
2.
当社は、資源の利用方法を徹底的に検討し、確実に無駄な資源を削減します。
3.
当社は、電力、ガソリン等のエネルギーの消費量を徹底的に検討し、確実に無駄なエネルギー消費を削減します。
4.
当社は、環境改善及び評価手法等の知識・技術力を高め、事業を通じ社会に還元します。
5.
当社は、家族・地域社会に活動の実態を公表し、環境コミュニケーションに取り組むことにより環境保全活動の啓蒙を行います。
6.
当社は、環境に配慮した商品をお客様にご提供するとともに、環境保全に協力する体制を確立していきます。
7.
当社が利用するすべての消耗品や備品は、環境を配慮した商品を優先購入します。。
8.
以上のことを達成するために、環境経営システムを確立し、PDCA(Plan-Do-Check-Act)モデルを採用したプロセスアプローチに基づいて継続的改善を行い、これを維持します。
9.
当社は、代表取締役を環境経営に関する統括責任者とし、環境管理責任者を長とする環境管理委員会を常設し、環境管理の実施状況の確認および改善策の討議を行います。     また、事故対策委員長を長とする事故対策委員会を併設し、社内・外における事件・事故にすばやく対応し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を行います。
この環境ポリシーは、2008年4月1日から施行したものを2010年6月1日に改定したものです。
お問い合わせ窓口
受付時間
電話
FAX



環境管理情報窓口 (環境管理事務局)
9時00分~17時00分(土日祝、年末年始は除く)
03-3316-8321(代表)
03-3316-5252
 当社の取組を一部抜粋して、環境活動レポートとして公開します。